学生がお金を借りた体験談

学生がお金を借りたい理由は色々とあると思いますが、実際に学生の時にお金を借りた事のある方に、リアルに語ってもらいました。

今、お金を借りるかどうするか悩んでいる現役の学生の方、そんなに悩まなくても良いかもしれません… 先輩方はこんな事でお金を借りていますよ。

お金を借りる事情は人それぞれとは思います、ただ、お金を借りる事は家とか車とかを買う時と組むローンと同じなので、別に恥ずかしい事でもなんでもありません。

一点注意をするのであれば、学生の身の丈に合った額の借入れにとどめましょうと言う事ですね。
いずれにせよ、ここの体験談が学生の皆さんの役に立てば幸いです。  



■趣味のバイクにお金をかけすぎて金欠になった(Aさん、22歳の時)

学生時代に金欠になったことがあります。理由はいくつかあるのですが、一番の大きな理由は趣味にお金をかけすぎたことです。

当時、学生時代の私の趣味はバイクでした。中型免許を取得し、それと同時に250ccのバイクを購入しました。バイクに乗れるようになっただけでかなり活動範囲が広がったように感じました。

そして、ただバイクに乗るだけでなく、バイクをいじることも好きになりました。自分でバイクのパーツを購入し、そしてそれをカスタムすることに楽しみを感じました。特に、同じような趣味を持つ仲間たちとのツーリングは今でも楽しい思い出として心に残っています。しかし、それゆえに金欠になってしまい、大変な時もありました。


というのも、あるとき友人が貴重なバイクを格安で譲りたいという話を持ってきました。
現金で20万円あれば手に入れることができます。相場から言うとかなりお買い得です。

しかし、もちろんそれだけのお金がありません。そこで、クレジットカードのキャッシングとカードローンなどから借金をして何とか工面し、購入しました。

購入したのはよかったのですが、借金を返すために生活費が今度は足りなくなりました…

そこで、私がやった方法は夜勤のバイトです。授業が終わってから夜中にバイトをしました。
もちろん、朝になって数時間だけ睡眠をしてまた授業に通いました。

1カ月ほどこうした生活をして何とか借金を返せたのですが、かなり体がボロボロになりました。まだ若かったのでなんとかなりましたが、今では無理だと思います。

管理人コメント:学生時代はバイクとか車とか欲しくなりますよね、また、その時期がデートとか遊びに行くときに必要になるんですよね。

Aさんはお金を返すのは大変だったと思いますが、貴重な経験と思いでが出来たとおっしゃってましたね。
この様な借金は良い?借金な感じがしますね。



■車の事故で借金をするはめに!(Bさん、21歳の時)


私は、学生時代は車で通学していたのですが、通学途中に2度大きな車の事故を起こしてしまいました。

1度目は、真冬の朝、下り坂を走っていてブレーキがロックしてしまい、車が止まらなくなり、信号待ちで止まっていた車に後ろからぶつかってしまいました。

人をひいたわけではなかったので、警察を呼び、事故処理をしてもらい、示談が成立しました。
示談金は50万円でした。当時、アルバイトで一応お金を貯めていたので、問題はなかったのですが、危うくカードローンから借金をして、示談金を払うところでした。

2度目は大学からの帰り、大きな交差点での事故でした。2度目も相手が車だったので、1度目と同じく、警察を呼んで、事故処理をしてもらい、示談が成立しました。

2度目は相手がディーラー勤務の人だったので、免許に傷を付けたくなかったという理由で、示談が成立しました。示談金は70万円でした。

アルバイトで貯めていたお金で50万円はなんとかなったのですが、あと20万円が捻出できす、仕方なく両親になんとか10万円を借りて、残った10万円を泣く泣くカードローンでお金を借りて支払ました。

今思えば、アルバイトをしていたお蔭でキャッシングの審査が通過でき、学生でもお金を借りれたのだと思います。

その後はさすがに、3度目の事故を起こす事は出来ないのでひたすら安全運転でしたね。

借金返済に向け友達から遊びに誘われても、お金がなく断る日々が続きました。(ここが一番きつかった)
必死にバイトして、両親とキャッシングで借りたお金を返済しましたが、返済に追われて「卒業旅行」のお金がなく、泣く泣くあきらめました。

今でも大学時代の友人で集まると卒業旅行の件でいじられます…

まぁ大変できたが、今ではいい思い出?なのかな…

管理人コメント:Bさん、車の乗りたてで最初は事故で苦労をしたそうです。車の運転は気を付けなければ!しかし、やはり学生でキャッシング、カードローンを借りようとするとアルバイトが必須ですね。

審査に落ちた方は、やはり、アルバイトをほとんどしていなかったとか、してても続いていないなどの方だったので、まzじめにアルバイトをしていると問題なく借りれる方が多いです。

ですので、いざと言う時の為にもアルバイトはしておきましょう。




関連してよく読まれているページ

ページの先頭へ