学生でもお金を借りる事が出来ます! 実際に学生がキャッシング会社からお金を借りる時の注意事項を分かりやすく紹介します

学生といえどもお金が必要な場面は多くあると思います。
飲み会やサークルの合宿、旅行、カッコイイ自転車に乗りたくなったり、バンドを組むためにギターが欲しくなったり・・・大学生になったのだから、高校のときよりカッコイイ生活がしたいし、かといってお金を貯めてから買えるほど余裕もない。

それに学生時代は限りある時間!今を楽しまなくて、いつ楽しむというんだ。ということで、今回はみなさんにキャッシングという選択肢を提示したいと思います。かくいう私も21歳の大学生のとき、キャッシングを利用した一人。
その時の経験を含めてどの様に学生がお金を借りるかを少しだけ書いてみました!

■審査を通過させるには?


まず審査を通過させる為に絶対に必要な事だけれども、それは収入がある事です。お金をもらっていない人がお金を借りて返せる見込みがないことは小学生でも分かること。
今、現在、仕事としてないのであれば、業者からお金を借りるのはまず無理です。

それから、できるだけ大きい会社に(アルバイトでいいから)できるだけ長く勤めていること。これが自分のことを信じてもらえる材料になる。
逆に審査に落ちる事柄としては、5人~10人規模の小さな会社でアルバイトしている場合だ。実際、管理人も小さな規模のアパレルショップでアルバイトしていたときに、祖父母の家に行く予定ができて、新幹線代などの交通費が用意できず、キャッシングを利用しようとしたことがあった。

結果としては、貸してもらえなかったので、この会社の規模は重視すべきだと考えている。
ともあれ、少なからず働いて、働いている事を証明しなければお金は借りれないと思っておく事。

いずれにしても、今バイトをしていない方は急ぎでバイトしてください!

学生でお金が必要な時、やってみたいアルバイト(体験談)

■借りる為のマインドセット


借りるときの心構えとしては、そんなに深刻に考えないこと。キャッシングとは借金のことなので「借金をしてしまうなんて・・・」と後ろめたい気持ちがある人もいるかもしれない。

でもよく考えてほしい。車でも家でも大抵の人はローンを組むのだ。ローンとは借金だ。社会人になっても、大抵の人は、なんらかの借金をする。もちろん、キャッシングも含めてだ。だから、あんまり深刻に考えるべきではない。

誰かしら借金ってのは持っているので、めちゃくちゃ気にする必要はない、それよりも借りたお金の有効活用方法を考える方がよっぽどポジティブ。

後は、親とか・友達とかにばれない様に借りる為に、出来れば在籍確認がない会社・サービスを選んで申し込みをする事。

学生でもお金を借りた方の体験談


■お金を借りる時の申込みについて


いざお金を借りる事の決心が固まれば、あとは申し込みの手続きだけだ。
そのとき、気をつけることは指示に従うこと。自分で勝手に書き進めるより公式ホームページのアナウンスに従おう。

重要なのは申込むのが公式HPである事だ、検索すると非常に沢山のキャッシングサイトが結果として表示されるが、中には適当な事を書いているHPもあるので手放しで信用するのはやめ、公式HPに明記されている指示通りに入力する事。

適当な事やウソを書くと申込みブラックと言って、当面キャッシング・カードローンなどなど作成する事が出来なくなるので要注意だ。

8年間運営していて学生の生の声を反映させているこのサイトなら、学生がお金を借りる(キャッシング)する際には参考になるので一度チェックしてみる事。


■最後にまとめ


最後に返済時の注意事項であるが、無理をして急いで返そうとしないこと。急いで返すために無茶なことを考えるかもしれない。毎月着実に返せば、確実に借金はゼロになる!
なので、借りる時に返済額も計算しておいた方がいざと言う時に便利と言うか、追い詰められなくて済む!

では、お金の借りすぎに注意して、楽しい学生生活を!!


関連してよく読まれているページ

ページの先頭へ